カテゴリ

ランニングシューズとウォーキングシューズの違いとは

TAGS

ランニングやウォーキングをするとき、このシューズでいいのだろうかと悩んだことがある人は多いのではないでしょうか。それぞれのシーンに適したシューズがあり、選び方次第で足への負担が大きく変わってきます。
今回は、ランニングとウォーキングの目的を踏まえた上で、ランニングシューズとウォーキングシューズの特徴を紹介していきます。

ランニング

ランニングはトレーニングを目的とします
主に、筋力強化、体力強化といったトレーニングを目的としたランニングが多いですが、ストレス発散、健康維持、ダイエットの目的でランニングする人もいます。
しかし、最近ではランニングブームということもあり、マラソン大会に出場するためにランニングを始める人が増えています。

ランニングシューズの特徴

履き心地

クッション性に優れており、とても軽いという特徴があります
ランニングをしたときに足にかかる負担は体重の3倍以上と言われています。例えば、体重60kgの人は、180kgもの重さが足にかかります。
この負担が足になるべくかからないように着地の衝撃を和らげるクッション性の高い素材を使用しています。例えば、アシックスではGEL(ゲル)と呼ばれるゼリー状のクッション剤が入っています。

素材

主に薄くて軽いという特徴のあるメッシュ素材を使用しています
メッシュ素材は伸縮性があるため足にフィットします。これは、走っている最中に靴擦れがおきることを予防しています。
また、ランニングをすると汗をかきやすい状況になりますよね。蒸れにくいという素材でもあるので、長く履き続けても不快感が軽減されるのです。

見た目

カラフルな色や柄が多くファッション性が高いです。
オシャレで、普段着にも合わせられるタウンユースを意識したスタイリッシュなデザインのランニングシューズが増えています。オシャレは足元からというように、足元からランニングを意識する人も多いようです。

ウォーキング

ウォーキングは主に健康増進を目的とします
最近は、体幹を鍛えるため、身体を矯正するため、ダイエットのため、といったさまざまな目的をもってウォーキングされる人が多いです。

ウォーキングシューズの特徴

履き心地

ウォーキングをしたときに体の負荷が少なく、疲れにくいようにつくられています
例えば、ウォーキングシューズはランニングシューズよりも重さがあります。これは、歩く際におきる振り子の原理を利用して、足が疲れたときにでも前に一歩でも進みやすいようにしています。
また、靴底が厚いことにより安定した歩行を可能にしています。

素材

合皮など耐久性のある素材が多いです
なぜなら、ウォーキングシューズは天候に左右されることなくどこでも快適に使えるようになっているからです。
また、ウォーキングはかかとから着地することが多いので、かかとが減りにくいようにラバーソール(ゴム底)を使用しているものが多いです。

見た目

フォーマルでもカジュアルでも合わせやすい落ち着いた色味が多いです
ビジネス用のウォーキングシューズもあることから、外回りでよく歩く人やプライベートでも使いたいなと思っている人に適しています。

まとめ

ランニングシューズもウォーキングシューズもそれぞれ特徴があり適した選び方があります。シーンにあった選び方をすれば効果を発揮しますが、逆に間違った選び方をしてしまえば、足の負担や疲れ、けがにつながってしまいます。
靴を履く際はどんなシーンで使うのかを考えて靴を履いてみてはいかがでしょうか!

LOCONDO NOTE 編集部

こんにちは、LOCONDO NOTE 編集部です。 靴とファッションについて、日頃気になったことをまとめています。

2017.1.27|LOCONDO NOTE 編集部| ニュース スポーツ まとめ

  • 靴とファッションの通販サイト ロコンド

この記事を読んだ方にオススメの記事

  • ホーム
  • ランニングシューズとウォーキングシューズの違いとは

PAGE TOP