カテゴリ

コーディネート

「おしゃれなマフラーの巻き方知りたい!」マフラーの巻き方4選(写真・動画で解説!)

TAGS

冬の必需品といえば、マフラー。防寒はもちろん、おしゃれにも大活躍ですよね。でも、いつも同じ巻き方をしてしまって変化がない、という方もいるのではないでしょうか。

マフラーの巻き方を変えるだけで、印象は大きく変わります。首元は目に入りやすい部分でもあるので、とても大事。

今回は、おしゃれなマフラーの巻き方を4つご紹介。コーデに合わせてマフラーの巻き方を変えてみて。

ピッティ巻き(ミラノ巻き)

首周りにクロスが重なって、両端が前にくる巻き方。しっかりと固定されるので、風が強い日もへっちゃらです。
二つのクロスがクールな印象を与えるため、かっちり目のコーデにピッタリ。

1. 右側をお腹あたりの長さにあわせ、長い方の左側を後ろから前へ一周巻きます。

※苦しくならないようにゆとりをもたせて。

2. 右側を、巻いた部分の内側から引き出し、輪を作ります。

3. 2で作った輪に反対側の端を通します。

4. 長さや形を整えて完成。

 

ピッティ巻き(動画)


 

使用したマフラーはこちら↓

MANGO
マフラー .– MANGO (ミディアムブラウン)

ポット巻き

見た目からして暖かそうなポット巻き。
かっちりしすぎずふわっとした印象があるので、ガーリーコーデにオススメ。

1. 左右の長さが同じとなるように、ゆるく一周巻きます。

2. 首元の輪をねじり、更に輪を作ります。

※この輪に両端とも差し込むので、ある程度大き目に。

3. 2で作った輪に上から両端を差し込みます。

4. 形を整えて完成。

 

ポット巻き(動画)


 

使用したマフラーはこちら↓

ミラオーウェン Mila Owen
モヘアニットマフラー (アイボリー)

ニューヨーク巻き

簡単だけど、上品な印象を与えてくれる巻き方。
きちんとしたコーデにはもちろん、意外とカジュアルなコーデにも◎。

1. 片側を長めにして一周巻きます。

2. 長い方を短い方の前にのせて、後ろから前に出すイメージで軽く一つ結びをします。

3. 端が平らになるようにしながら、形を整えます。

 

ニューヨーク巻き(動画)


 

使用したマフラーはこちら↓

MANGO
マフラー .– DI (レッド)

クロス結び

首元にころんとした結び目ができて、サイドから端が少し垂れる結び方。長めで、厚めのマフラーにおすすめ。
ボリューミーな結び方なので、シンプルなコーデに合います。

1. マフラーの中央あたりで一つ結びをして、結び目を作ります。

※ふんわりと結んで。

2. 結び目をのどに当てるようにして、一周巻きます。

3. 両端をそれぞれ結び目の中に通します。

結び目の中で端と端が交差するイメージ。

4. 形を整えて完成。

結び目がなるべく正方形になるように整えると◎。

 

クロス結び(動画)


 

使用したマフラーはこちら↓

MANGO
マフラー .– SWEET (パステルピンク)

マフラーのおしゃれな巻き方をマスターしよう

難しそうに見えて、意外と簡単な巻き方もありましたね。
朝晩はかなり冷え込んできましたので、気になった巻き方をマスターして、明日から早速試してみましょう!

⇒マフラーを探す

 

ファッション 豆知識 まとめ

この記事を読んだ方にオススメの記事

  • ホーム
  • 「おしゃれなマフラーの巻き方知りたい!」マフラーの巻き方4選(写真・動画で解説!)

PAGE TOP