カテゴリ

コーディネート

「靴を長持ちさせるコツって?」5つのコツをご紹介!

TAGS

「靴を長持ちさせるコツってありますか?」 靴は履けば履くほど傷んでしまい、いつかは履けなくなってしまいます。
それは仕方のないことですが、お気に入りの靴ならできるだけ長く履きたいものですよね!

実は、ちょっとしたコツでいつもより長持ちさせることができるのです!! 今回はそんな靴を長持ちさせる5つのコツをご紹介します。


靴が傷む原因は?

そもそも靴が傷む原因はなんでしょうか? まずはその原因を知りましょう。

1.雨の日に履く

靴が一番痛みやすい日は雨の日です。
雨に濡れて柔らかくなることにより型崩れを起こしやすくなってしまうのです。
また、雨の日は汚れもつきやすいため、傷む原因になってしまいます。

2.コップ一杯分の汗

一日靴を履き続けると、靴にはコップ一杯分の汗が染みこんでしまうと言われています。
どうしようもないことですが、この汗も痛む原因の1つです。

3.サイズが合っていない靴を履く

サイズが合っていないと歩き方もおかしくなってしまいます。
例えば靴のサイズが大きいと、靴が脱げないように靴を地面に引きずって歩いてしまいますよね。それが靴の傷みを早める原因になってしまいます。

無意識にやってしまうことや、どうしようもないことが靴の傷みの原因になってしまうのです。
では、それを踏まえて、靴を長持ちさせる具体的なコツをご紹介していきますね!

靴を長持ちさせる5つの方法

1.同じ靴を毎日履かない

傷む原因にもあるように、人は一日でコップ一杯分の汗をかきます。
その汗が乾ききっていない状態で履きますと、靴の素材自体が劣化していきます。
そのため、毎日同じ靴を履かないようにし、靴を乾燥させる、休ませることを心掛けましょう!

雑菌の繁殖を抑えるのにも効果的で、臭いも軽減できます。

2.お手入れをする

当たり前ではありますが、お手入れしている靴としていない靴では長持ち度が全然違います。
特に雨の日は履いた靴は傷みやすいので、帰ってきたら必ず水分を取り除くようにしましょうね!

3.新品時に対策

新しい靴を下す前に、ちょっと一手間を加えましょう。
新しいうちに靴クリームを塗っておくと、靴の表面に薄い膜ができ、シミやキズを防いでくれます。
また防水スプレーは必須ですよ!! 靴のソールも補強用のラバーソールを先に貼っておけば、靴本体のソールは傷まないため長持ちさせることができますね!

新しい靴は箱に戻しがちですが、箱内は乾燥しづらいので、その靴をよく履く場合は箱に入れず、しっかり乾燥できる場所で保管しましょう。


シーズンオフに箱に入れるのはもちろんアリですよ!!

4.サイズが合った靴を選ぶ

サイズの合わない靴は型崩れを起こしやすく、また余計な汗をかきやすくなるため、靴が傷む原因になります。


しっかり試着して、サイズの合った靴を選びましょう!

5.正しい姿勢で歩く

しっかりとかかとから足をついて前に踏み出せば、靴底を地面にこすることが少なります。


姿勢が悪いと靴を引きずったりしてしまいがちなので、
正しい姿勢で歩くようにしましょう!

ただし、ヒールを履く場合は少し歩き方が変える必要があります! ヒールは普通の靴のようにかかとから着地すると、ヒールという細く狭い範囲に体重がかかるので、ヒールが減りやすい原因になります。


ヒールを履く場合は、踵とつま先が同じタイミングで着地するようにいつもと歩き方を少し変えるようにしてみましょう。


お気に入りの靴を長く履けると嬉しいものですし、経済的にもイイですよね! ご参考にしていただき、靴を長持ちさせてあげてくださいねー!!

ファッション

この記事を読んだ方にオススメの記事

  • ホーム
  • 「靴を長持ちさせるコツって?」5つのコツをご紹介!

PAGE TOP