カテゴリ

コーディネート

「パンプスのカカトが歩いてると脱げる…」その理由と対策!

TAGS

「パンプスのカカト が歩いてると脱げる…なにか対策ないですか?」

パンプスで歩いていると、カカトがパカパカ。

あるパンプスを履くとそうなったり、その日だけカカトがパカパカしたりすることってありますよね。

そんな状態で歩くと、歩きづらいのはもちろん、ケガをしてしまう可能性もあるので何とかしたいものです!

今回はそんなカカトパカパカの理由と対策についてご紹介します。

カカトがパカパカになる理由?

なんでパンプスを履くとカカトがパカパカしちゃうんでしょう?

1つにはパンプスの形状があります。

足と密着する面積が大きいほど靴はついてきやすくなりますが、パンプスはその形状からわかるとおり足と密着する面積が少ないのです。

そのため、ちょっとサイズが合わないとパカパカしてしまうのです!

また日本人の足はカカトが小さい方が多いと言われています。

そのため、パンプスのカカトのカーブにひっかからずカカトがパカパカしちゃいます。

カカトパカパカしてしまったときの対策

理由からもわかるとおり、まずはちょうどいいサイズを選ぶことが一番です!

ただ、ちょうどいいサイズを買ったけれど、パンプスが広がってきてしまって…ということもあると思います。

その場合は中敷きを使って調整しましょう!

今ではつま先だけの中敷き、カカトだけの中敷きなどいろいろ販売されています。

特に浅目のパンプスにはつま先だけの中敷きがオススメです。

全体に入れるとカカトも上がってしまい、逆にカカトが脱げやすくなってしまいます。

それでも合わない、という方はシューズバンドを使ってみてはどうでしょうか?

輪っかになっているゴムバンドでいろいろなデザインのものがあります。

または専門の業者に頼んでストラップをつける、というのも手でですね!

固定される部分が増えればカカトが脱げることは少なくなります。

 

いかがでしたでしょうか?

今回のようなケースだけでなく、サイズ選びをしっかりすることはやはり大切ですね!

サイズ選びで悩んだときはお気軽にロコンドコンシェルジュまでお問い合わせくださーい♪

  • 靴とファッションの通販サイト ロコンド

この記事を読んだ方にオススメの記事

  • ホーム
  • 「パンプスのカカトが歩いてると脱げる…」その理由と対策!

PAGE TOP