カテゴリ

コーディネート

「靴が痛いときってどうすればいい?」靴が痛いときの対処法はこれ!

TAGS

「新しく買った靴を履くと痛くて。。。何か対処法とかないですか?」

新しい靴を履いてルンルン気分でお出かけしていると、途中から「アレ、コノ靴イタイ。。。」と片言になった経験は誰しもあると思います!

もう、そのときの気分といったら会いたくて会いたくて震えるほど落ち込みますよね。。。

そこで今回は靴が痛くなったときの対処法をご紹介いたします!

靴を履いていて痛くなるのはなぜ?

原因は1つではなく、足の部位ごとに痛くなる原因が存在します。

また人それぞれ足の形も歩き方の癖も違うので、靴によって合う、合わないが出てきてしまいます。

特に新品の靴は革がまだ足になじんでいないので、少しのサイズ違いでも靴擦れの原因になりやすいのです。

付き合いたてのカップルはささいなすれ違いでケンカになりますよね?

あれといっしょです。

靴で痛くなる部位ごとの原因と対策

足の甲が痛い場合

甲が痛くなってしまう人は、他の人より甲が厚いため靴に擦れる、もしくは靴のサイズが大きいため、ということが原因として考えられます。

こちらは中敷きをかかとの部分にのみ入れてあげると効果的です。

小指が痛い場合

小指が親指の方向に向いてしまったため小指の骨が外側に向き、靴と擦れてしまうことが原因です。

靴のデザインによってはこの状態になりやすいので、自分の足に合っているデザインかを試着して確かめるようにしましょう!

足裏が痛い場合

この原因の多くはヒールにあります。

ヒールは足先に体重がかかり、前すべりになりやすい靴なので、足の指の付け根に大きく負担がかかり痛くなってしまいます。

対策として専用の滑り止めシートを使うと効果的ですよ!

くるぶしが痛い場合

これは靴のサイズが大きいことが原因です。

靴のサイズが大きいとくるぶし部分に余裕ができるため、そこが擦れやすくなり靴擦れが起きます。

大きめではなく、ジャストサイズを買うように心がけましょう。

胸が痛い場合

やましい気持ちがあるためです。

すぐ教会に行って神父様にノーザンライトボムをかましましょう。

すでに痛い場合の対策

すでに今の靴が痛い場合は専用グッズを使ってみましょう。

最近では靴擦れ専用に開発されたグッズもあるので試してみてはいかがでしょうか?

また外出先で使いやすいのはやっぱり絆創膏です。

もしものときのためにカバンに忍ばせておくと便利ですよ!

モノマネするときにも使えるので上司にややウケします。

 

いかがでしたでしょうか?

絆創膏が北海道ではサビオと呼ばれる理由がよくわかったと思います。

 

間違えました。ちゃんとまとめます。

まとめ

靴が痛くなる原因は「サイズが合っていない」「足になじんでいない」ことが大きな原因です。

しっかり試着して自分に合った靴を選び、それでも痛くなった場合は無理せず少しずつ足になじませてあげてくださいねー!

豆知識

この記事を読んだ方にオススメの記事

  • ホーム
  • 「靴が痛いときってどうすればいい?」靴が痛いときの対処法はこれ!

PAGE TOP