カテゴリ

コーディネート

春休みの旅行用カバンは?一泊用バッグ、機内持込みスーツケース特集

TAGS

そろそろ春休みの旅行プランを立てる時期ですね。今年はどこへ行くかもう決めましたか?沖縄から北海道、そして海外まで視野に入れていることだと思います。

最近は旅行代理店に行かなくとも、ネットで検索から予約まで出来るので海外に行くハードルがぐっと下がったのが嬉しいですよね!

旅行先と日程は決まった。1泊?2泊?それとも1周間?あとは荷物をまとめるだけ!!…あれ、荷物が入りきらない?このバッグは機内に持ち込めるかな?サイズはどのくらいまでなら大丈夫なんだっけ?と旅行かばんについて悩んだことはありませんか?

今回は快適に旅行を楽しむために欠かせない、旅行用のカバン、キャリーバッグについての特集です。

日程に合わせたバッグ選び

バッグは何泊するか、どんな地域に行くかで選ぶのがベスト。1泊の旅行なのに大きすぎるバッグで行くと、預けるのにも苦労します。

1泊なら32L、2〜3泊なら40L、4〜7日なら65Lのキャリーケースがぴったり。

容量が大きいと、それだけ荷物を多く持って行きがち。本当に必要なものを厳選し、アクシデントがあれば現地調達することも考えておきましょう。

服選びも大切。私の場合、何かあったら捨てても良い服を持って行き、現地で洗わずに捨ててしまいます。その空きスペースにおみやげを詰め込んで帰ってくるようなプランもおすすめです。

気をつけたいのは寒い地域に行く場合。ヘビーなアウターを持っていくのも手ですが、朝と夜で気温の差が激しい場合は折りたたんで小さく収納できるライトダウンジャケットと重ね着でどうにか過ごします。それでも寒ければ、現地で調達。基本は現地調達が一番ラク。持っていく荷物を最低限にするためにも、小さめサイズのバッグを選びましょう。

ソフトかハードか

私の場合、1〜2泊の旅行ならソフトなボストンバッグ、1周間を超えるロングステイならスーツケースで行くことが多いです。

ソフトの場合、邪魔になったら中の荷物を少なくすることでサイズを小さく出来ます。しかし、キャスターがついていないものが多いので常に持って歩かないといけません。

ハードトップの場合、荷物がどんなに少なくてもサイズは変わらず、かさばります。でもキャスターが付いているのでコロコロと転がして移動が出来ます。ちなみにキャリーは2輪より4輪がおすすめ。壊れる箇所が増えるのはリスクですが、4輪のほうが転がしやすいのでリスクを大いに上回る快適さです。

徒歩やバスが多く、いくつかホテルを転々とする旅行ならソフトなボストンバッグやトートバッグ。車移動が多く、ホテルは一箇所にロングステイする旅行ならハードトップの大きめスーツケースで。

このように、旅行プランによって最適なバッグは変わってきます。小さく折りたためるトートやボストンバッグをサブバッグとして持っていくのもGood。

重さは重要?

大きさと同じくらい大事なのは、バッグ単体での重量です。

荷物は少ないのにバッグ自体が重いと、空港や駅での移動すら大変。力持ちの友人や家族と一緒であればいいのですが、一人旅行だと後々響いてきます。ソフトなものであれば軽量で耐久性のあるナイロン製、スーツケースなら軽量なポリカーボネート樹脂を使ったバッグを選びましょう。

ただし、軽くても丈夫であれば意味がありません。飛行機に預ける際、乱暴に扱われても大丈夫なものを是非。ブランドや価格で選ぶのではなく、重さと耐久性の兼ね合いを見るのがいいですね。

機内持ち込みサイズは?

厳密には、各航空会社によって機内に持ち込むことの出来るサイズや重さは違いますが、ここでは一般的な機内持ち込み手荷物のサイズを載せておきます。

100席未満の飛行機の場合

バッグの三辺の合計が100cm以内、重さ10kg以内。

100席以上の飛行機の場合

バッグの三辺の合計が115cm以内、重さの制限は10kg以内の場合と制限なしの場合がある。

ご自身が乗る予定の航空会社のサイトにサイズが細かく載っていますので、飛行機に搭乗する前になって「機内に持ち込めない!」「追加料金を払わなければならない!」とならないように注意しましょう。

TSAロックって?

TSAロック

自分でかける鍵以外に、赤いマークの付いた鍵穴があるのをご存知ですか?それがTSAロックです。

アメリカでの同時多発テロ後、セキュリティチェックがぐんと厳しくなりましたよね。通常アメリカへ行く場合、TSA(アメリカ運輸保安庁)の規定により預ける荷物の鍵はしてはいけません。ですが、TSAロックが付いているカバンに限り、鍵をかけて預けることが出来るんです。

なんだアメリカか、関係ないやーという方、もちろんハワイやグアムも対象ですのでご注意を!

もしアメリカに旅行へ行く予定が万が一あるのであれば、TSAロック付きのキャリーケースを選びましょう。

おすすめの旅行カバン

最後におすすめの旅行用バッグをご紹介。ご自身の旅行プランに合ったカバンをお選びくださいね☆

tsumori chisato CARRY フジヤマキャリー

ツモリチサト キャリーのキャリーバッグ。ザ・日本とも言える富士山に、ツモリチサトらしいふわふわの雲をエンボス加工しました。海外にいても、このキャリーケースを見れば日本を思い出せます。容量は約35Lなので1泊〜2泊用です。出張や荷物の多い時に普段使いも可能。

もちろんTSAロック付き。しかもポリカーボネート製で軽量化、耐久性も申し分なし。三辺の合計が100cmほどなので、機内持ち込みもいけちゃいます!!!スーツケース選びに迷ったらこれでOKです。

AIGLE SSライトウェイトボストン

容量22Lで1泊の旅行に最適なエーグルのボストンバッグ。バッグインバッグ付きで、サブバッグ、旅行先でのポーチとしても使えます。なんといっても軽量なのが嬉しいですね!撥水加工がしてあるので、レジャーにもおすすめ。

GLOBE TROTTER kitson別注 33インチ トロリーケース

10日以上の中長期な旅行をするかたには…こちらをおすすめするしかないです!!!世界中のセレブが愛用する英国の老舗旅行用鞄ブランド、グローブトロッターのトロリーケース!!

こちらはLAのセレクトショップkitson別注のライトブルーカラー。容量は大満足の100Lです。何を詰め込んでいこうかしら♪

いかがでしたか?あなたの旅行プランに合わせたバッグ、ロコンドのコンシェルジュがご提案します!!!ぜひお電話を☆

バッグ・財布 旅行

この記事を読んだ方にオススメの記事

  • ホーム
  • 春休みの旅行用カバンは?一泊用バッグ、機内持込みスーツケース特集

PAGE TOP