カテゴリ

「スウェードって何?」靴の素材の1つ、スウェードをご紹介!

TAGS

「スウェードってよく聞くけど、どんな素材?レザーの1種??」

よく耳にするけど詳しくは知らない靴の素材ってありますよね。

靴の素材はほんとうにたくさんあります。

他の記事でスウェード以外の靴の素材を紹介していますので、よかったら見てみてくださいね!

さて今回はご質問いただいたことですし、スウェードについて掘り下げてみようと思います。

スウェードについて詳しく知りたい方、必見です!!

スウェードのルーツって?

スウェードの語源はスウェーデンからきています。

「ガーント・ドゥ・スウェード(スウェード製の手袋)」と呼ばれるスウェーデンで考案された加工、技法を使った手袋がフランスで流行し、そこからスウェーデンに関連付けて「スウェード」と呼ばれるようになったそうです。

なので、「スウェード」という言葉自体はフランス語です。

スウェードはどうやって作らているの?

スウェードはなめした革の内側をサンドペーパーなどで起毛させて出来ています。

もともとスウェードは子羊の皮で作られることが多かったのですが、現在は子牛の皮で作るのが主流となっているようです。

毛足が短くて柔らかいものほどスウェードの中では高級品とされています。

スウェードの特徴って?

スウェードは皮の内側を起毛させていますので、独特の光沢感やあたたかみがあります。

丈夫な素材ですので靴にも使用されることが多く、有名なところで言いますと、クラークスのデザートブーツはスウェードを使っていますね!

クラークス

スウェード、ヌバック、ベロア、バックスキン、違いは?

ここがなかなか難しいんですが、違いとしてはこんな感じです。

スウェード

主に子羊や子牛の皮の裏面を起毛させたもの、です。

ヌバック

皮の表面を起毛させたもの、表面というところが違いますね。

ベロア

スウェードと製法は一緒ですが、スウェードよりも毛足の長いものを指します。

バックスキン

これは日本の造語というかなんというか。

もっともわかりづらいところですね。

もともと英語でバックスキンはBUCKSKIN、鹿皮のことを指します。

日本語でこれをBACKSKINと拡大解釈され、バックスキン→裏面の皮→スウェードといっしょ?

となってしまっているのではないか、と言われています。

 

スウェードについて詳しくご紹介してみましたが、いかがでしたか?

こういったウンチクを知っているとスウェードの靴を履くのが少し楽しくなりますね!

ロコンドでもスウェードの靴、たくさん取り扱っていますのでよかったらご覧くださいー!!

LOCONDO NOTE 編集部

こんにちは、LOCONDO NOTE 編集部です。 靴とファッションについて、日頃気になったことをまとめています。

2017.1.6|LOCONDO NOTE 編集部| 豆知識

  • 靴とファッションの通販サイト ロコンド

この記事を読んだ方にオススメの記事

  • ホーム
  • 「スウェードって何?」靴の素材の1つ、スウェードをご紹介!

PAGE TOP