カテゴリ

コーディネート

迷ったらコレ!結婚式お呼ばれの服装はマナーを守って決めよう【男性編】

TAGS

結婚式お呼ばれの服装、男性もスーツならなんでもいいというわけでもなく、悩みますよね。特別なお祝いの場、マナーを守って参加しましょう。
マナーに沿って、結婚式に参加する際の男性の服装のポイントをご紹介。

◆スーツ

カラー

徹底的にフォーマルにしたいという場合は黒が最適ですが、グレーやネイビーなどもOK。
派手でなければ、ストライプ柄も◎。

白はNG!

結婚式では、白いスーツは新郎のもの。お呼ばれした際は、白や、ぱっと見た感じ白に見えてしまう淡い色は避けて。

ベストも揃えてビシっと

せっかくの結婚式なので、ベストも揃えて、ジャケット・ベスト・スラックスのスリーピースできめるのも◎。

◆シャツ

カラー

白なら間違いありませんが、薄い黄色・水色・ピンクでも◎。

襟の形

襟の形は、長さや開き方が標準的なレギュラーカラーがベスト。少し広めに開いたワイドカラーもOK。

◆ネクタイ

カラー

ネクタイに関しては、白でOK。白以外でも、結婚式という特別なお祝いの場なので明るい色味をチョイスして。
柄は、ストライプが正式なものなのでストライプなら間違いなし。多少カジュアルでも問題なければ、派手すぎない柄ならストライプ以外でも◎。

黒はNG!

ネクタイに関しては、黒は喪服を連想させてしまうため結婚式ではNGとされています。

蝶ネクタイ

蝶ネクタイで遊び心をプラスするのも◎。周りと差をつけたい時は蝶ネクタイをチョイスして。

◆靴(靴下)

カラー・素材

靴のカラーは迷わず黒を選んで。

素材は本革で、スムースかエナメルが◎。アニマル型押しなどは殺生をイメージさせてしまい縁起がわるいのでNG。

デザイン

つま先に真っすぐ(ストレート)な横線が入った“ストレートチップ”か、シンプルな“プレーントゥ”のタイプをチョイス。

ストレートチップ

プレーントゥ

羽根のタイプは、フォーマルの場では内羽根式が正解。靴紐を通す部分である“羽根”が内側に入ったタイプを選びましょう。

靴下

結婚式では椅子に座っている時間がほとんどなので、椅子に座ると見える靴下にも要注意。

黒か、ネイビーやダークグレーで無地のタイプが◎。靴下も、白はNG。
座ってズボンの裾が上がっても素肌が見えないよう、ある程度長さのあるミドル丈を選んで。

◆バッグ

手ぶらが基本

フォーマルな場では、荷物は控えめに抑えるもの。男性の場合は、手ぶらが基本です。

選ぶならクラッチバッグ

持ち物がポケットなどに収まらず、バッグを用意したい時は、クラッチバッグをチョイス。
A4ほどのサイズで、マチは薄めが◎。
色はスーツなどに合わせて、素材は革が良いでしょう。

マナーに沿ってお祝いを

せっかくの結婚式、マナーは守って、とっておきの服装でお祝いしましょう。

⇒他のアイテムを探す

 

ファッション オケージョン パーティー・結婚式 冠婚葬祭

この記事を読んだ方にオススメの記事

  • ホーム
  • 迷ったらコレ!結婚式お呼ばれの服装はマナーを守って決めよう【男性編】

PAGE TOP