カテゴリ

コーディネート

「バッグはどう保管するの?」バッグの長持ち保管方法とは!

TAGS

「バッグの保存の仕方を教えて!」

シーズンごとに使いたいバッグがありますよね。
しかも毎年バッグを買い足していくと、どんどんバッグは増えていく…でもいつか使うかもしれないし、捨てられない…

そんなあなたに、今回はバッグをきれいに保管しておく方法をご紹介。
特にレザー(本革)を使ったバッグについての保管方法をお教えします。

たくさんバッグを持っている方は必見です。

汚れ、ホコリなどをきれいに落とす

ワンシーズン使ったら、一見きれいに見えても意外と汚れってついているもの。バッグが汚れたまま保管すると、痛みがどんどん進行してしまいますので、使い古した布やクロスで拭き取ってください。

使っているときは何かしら中身を入れているので、内側をキレイにすることはないですよね。
バッグの底板を外し、内側のホコリを取り除くのも忘れずに。掃除機を使って中のほこりを吸うと、次に使うときに気持ちよく使えます。

汚れを落としたら、革に栄養を与え、コーティングする意味でクリームを塗り込んであげましょう。
塗り過ぎはやっぱりNG。適量を布に取り、薄く伸ばすように優しく塗布してください。

型崩れを防ぐ

保管の際には型崩れがつきもの。長期間の保管には詰め物を入れるのを忘れずに。
簡単に手に入る詰めものは新聞紙がおすすめ。印刷に使われているインキが虫よけ効果を発揮するので一石二鳥です。

しかし注意も必要で、インキが色移りの原因となる場合もあります。バッグに直接新聞紙を入れるのではなく、タオルで包んであげると安全です。

通気性を良くする

長いあいだ保存するのに気になるのはやっぱりカビですよね。
カビが生える原因は湿気なので、通気性が悪い袋に入れてしまったり、空気の流れが無い場所に保管してしまうのはNG。
通気性が良い布製の袋に入れ、こまめに空気を入れ替えられる場所に置くのが好ましいです。

ビニール袋に入れると、通気性が悪いのに加えて、バッグの塗料や素材と化学反応を起こしてしまい、バッグにくっついてしまう危険性があります…

加えて、乾燥剤をバッグの中に入れてあげると、なお安心です。
乾燥剤の種類は長いあいだ保存しているうちに漏れてしまう危険性のあるジェルタイプよりも、シリカゲルのような固形タイプを使ったほうが良いです。

縦向きに置く

たくさんあるバッグをまとめて保管するのに、上にどんどん積んでしまうのは得策とは言えません。
かならず縦向きに起き、バッグ同士がぶつからないように、形をキレイに保ったまま置きましょう。

しっかりと保管して、お気に入りのバッグを長く使い続けてください!

バッグ・財布 豆知識

この記事を読んだ方にオススメの記事

  • ホーム
  • 「バッグはどう保管するの?」バッグの長持ち保管方法とは!

PAGE TOP