カテゴリ

コーディネート

アイライナーの種類まとめ♡オススメアイテムや目のタイプ別(一重、奥二重、二重)の引き方も!

TAGS

メイクの要でもあるアイメイク。その中でもアイラインは引き方によって印象を大きく変える効果があります。

アイライナーにもいくつか種類があります。同じアイライナーでも特徴が異なるので、引き方・引く箇所、目のタイプ別など、それぞれにぴったりな種類をチョイスするのが◎。

それぞれの種類の特徴やオススメアイテムをご紹介し、目のタイプ別(一重、奥二重、二重)の引き方もご紹介します♡

◆引き方の基本

アイラインは“ライン”といえど、線の様にスーっと引くのではなく、小刻みに引いていくことがポイント。
端から端に、ではなく、目尻1/3から引き始めて。その後に残りの部分を描き足していきましょう。

◆アイライナーの種類

アイライナーには、主にペンシル、リキッド、ジェル、パウダーの種類があります。
それぞれの特徴と、オススメアイテムをご紹介。

①ペンシル – 初心者さん・ナチュラル派にオススメ

初心者さんにもオススメな、ペンシルタイプのアイライナー。その名の通り鉛筆のように削って使うタイプと、繰り出して使うタイプがあります。
自然な柔らかいラインが描けるので、ナチュラルな印象に仕上げたい時にぴったり◎。
もし失敗してしまっても、ぼかして修正できるのも嬉しいポイント。陰影もつけやすいです。

オススメアイテム

Deja vu(デジャヴュ)
アイライナー ラスティング ファイン ア クリーム ペンシル アイライナー – # Real Black

特に初心者さんにおすすめのペンシルアイライナー。芯が柔らかいため、力を入れることなくスルスルと描けます。
そしてとにかくにじまないのが嬉しいポイント。まつげのキワを埋めるのにはもってこいのアイテムです。

ブラックで目元をハッキリさせるのも◎、ブラウン系で柔らかい目元にするのも◎。カラーバリエーションが豊富なので、なりたい目に合わせて色を選んでみて。
 

Deja vu(デジャヴュ)
アイライナー ラスティンファイン ペンシルタイプ – Deep Black

最大24時間美しいラインが持続するアイライナー。
ペンシルタイプで引きやすいのに、滲まない!落ちない!水に強い!の3拍子が揃っています。

クリーミーなテクスチャーが特徴で、力を入れずにスルスル描きやすいアイライナーです。アイライナーデビューにもオススメ。
 

⇒ペンシルアイライナーを探す

②リキッド – くっきり派にオススメ

リキッドをペン先に染みこませてラインを引くリキッドタイプ。ペン先はフェルトタイプと筆タイプの2種類あります。(硬めなフェルトタイプの方が簡単◎)
くっきりとしたラインを描きたい時は、リキッドがオススメ。目力アップへの近道です。
ペンシルと違って修正がきかないため初心者さんには難しい面もありますが、かすれたりムラができたりしないので、慣れたら重宝するアイテム。

オススメアイテム

資生堂(シセイドウ)
アイライナー アーチライナー インク アイライナー – # 01 Shibui Black

資生堂のアーチ型リキッドアイライナー。筆先がアーチ型になっていて、どの角度からも筆先が見える優れもの!
リキッドアイライナー初心者の方や、リキッドアイライナーが苦手な方でもスルっと簡単に使えます。

汗・水にも強いため、パンダ目になりやすい方にもオススメ。
漆黒カラーで目元をキリっと見せたい方は是非一度試してみて。
 

GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)
アイライナー アイ トゥ キル ラッカー アイライナー – # 1 Onyx

憧れのアルマーニから出ているアイライナー。プチプラのアイライナーが多く出回っている中で、中々手が出せない方も多いと思いますが、「さすがアルマーニ!」というほど滲みません。

粘膜に引いてもパンダ目になりづらく、1日中アイラインをキープ。引き直す必要もありません。

「アイライナーが1日持たない…滲みがち…」そんな悩みを抱えてる方は、ぜひ一度試してみて。
猫目ラインが好きな方にも、とても引きやすいのでオススメです。
 

Kiss Me(キス ミー)
アイライナー ヒロイン メイク スムース リキッド アイライナー ウォータープルーフ – # 02 Bitter Brown

こちらのアイライナーは一度はドラッグストアで目にしたことがあるのではないでしょうか。
リキッドアイライナーデビューでもオススメのプチプラリキッドアイライナー。細いラインから太いラインまで自由自在。

黒に飽きてしまった方はビターブラウンでラインを引いて雰囲気を変えてみるのも◎。
 

⇒リキッドアイライナーを探す

③ジェル – ウォータープルーフ多め

繰り出して使うペンシルに近いタイプと、“ジャータイプ”があります。
ジャータイプは小瓶などに入っていて、ブラシにつけてラインを引くタイプです。太さや濃淡を好みに合わせて調整できる優れもの。
ペンシルタイプもジャータイプも、発色◎、落ちにくさ◎で、きりっとしたメイクにぴったり。高密着で美しいラインをキープしてくれます。

ウォータープルーフタイプは夏のメイクの天敵“汗”からも守ってくれます。

オススメアイテム

Bobbi Brown(ボビイ ブラウン)
アイライナー ロングウエアジェルアイライナーデュオ: 2x ジェルアイライナー 3g ( ブラック, セピア ) + ミニウルトラアイライナーブラシ

ロングセラーのジェルライナー。新しいカラーが出るたびに買い足すファンもいるほどの人気ぶりです。お湯で落ちるのに滲まないのも人気の理由の1つ。

慣れるまでに練習が必要ですが、やり方次第でクッキリ描くことも、ぼかすように描くこともできます!リキッドとペンシルの併用をしている方は、こちらのジェルライナーならこれ一つで完結できるのでトライしてみて。
持ちもいいので、高見えしてコスパも◎。
 

LILYBYRED(リリーバイレッド)
リリーバイレッド LILYBYRED lilybyred Starry Eyes Slim Gel Eye Liner (BLACK)

筆を使ってアイラインを引くのは面倒くさい!という方にお勧めのジェルライナーです。
今人気の韓国コスメで自分で落とすまで落ちることはない、パンダ目にならないコスパ最強のアイライナー。

持ち運びも便利!
柔らかくてスルスルかけるのが特徴です。
 

⇒ジェルアイライナーを探す

④パウダー – ペンシルとジェルの間

その名の通りパウダータイプのアイライナー。ブラシを使って塗るタイプです。
ペンシルとジェルの間といったイメージで、ペンシルのようにぼかしやすく、ジェルのように色味の調整がしやすいです。
アイシャドウに近いニュアンスでラインを引けます。

パウダーアイライナーを引く際は、粉を手の甲にのせてから、ブラシにつけましょう。濃さが偏ってしまうことを防ぎます。
また、こまめに粉を足して引いていくことが大事。最後にぼかすこともできるので濃い目にのせてしまっても大丈夫です。

オススメアイテム

Jane Iredale(ジェーンアイルデール)
アイライナー ミスティコール パウダーアイライナー – Onyx

上級者向けアイテムですが、スモーキーな目元にしたい方にはオススメのパウダーアイライナー。
アイシャドウのようになじませて使うもよし、ジェルライナーのようにしっかり引いてもよし。

ブラシで塗るので、色味や濃さの調整が自由自在です。
 

⇒パウダーアイライナーを探す

◆目のタイプ別(一重、奥二重、二重)の引き方

アイラインは、目のタイプ(一重、奥二重、二重)によって引き方が様々。それぞれのオススメの引き方をご紹介。

①一重さん – リキッドがオススメ!

一重さんは、目尻に重点を置きましょう!
まぶたで隠れてしまうからと、つい全体に太いラインを引きたくなってしまいますが、そうすると逆に目が小さく見えてしまうのでNG。

1. 目を開いた状態でどの部分が見えるかをチェック

一重さんは目を閉じた状態でラインを引くと、いざ目を開くとせっかく引いたラインがまぶたで隠れてしまうことがあります。
それを防ぐため、まずは目を開いた状態で目尻にラインを引きます。目のキワではなく、まぶたの延長線上に5mm~1cmほど。目を閉じると、“少し離れたところにラインが引かれた状態”となります。

2. ラインを延長し、太くする

少し離れたところにあるラインから、目のキワにぶつかるようにラインを延長します。その後下側を塗るイメージでラインを太くしたら完成。

キリっとしたアイラインに仕上がるため、アイライナーの種類はリキッドがオススメ。
“一重さんは目尻が重要”を合言葉にトライしてみて。

奥二重さん – ペンシルがオススメ!

奥二重さんも一重さん同様、つい太く引きたくなってしまいますが、なるべく細めに引くのがポイント。
ふとした瞬間に見える二重のラインを活かすようにラインを引きましょう。

1. まつ毛の隙間を埋める

目をしっかりと開き、目線は下にし、ラインを引く手と反対の手でまぶたを持ち上げてラインを引いていきます。まつ毛の隙間を埋めるよう、小刻みに。
目のキワに引きましょう。芯の柔らかいペンシルタイプが引きやすいです。

2. 目尻は太めでもOK

目尻は比較的二重のラインが見えているので、ラインを少し太めにしてもOK。
最後に綿棒で軽くぼかすと◎。

二重さん – ペンシルとリキッドの2本使い!

二重さんは二重のラインを存分に活かしつつ、目のキワをせめていきましょう。奥二重さんとだいたい同じでOK。

1. ペンシルでまつ毛の隙間を埋める

黒目の上あたりから目尻まで、まつ毛の隙間をペンシルで埋めていきましょう。基本の引き方を意識して、スーっと引くのではなく、小刻みに。

2. リキッドで目尻を少し延長

今度はリキッドアイライナーを使って目尻に少しラインを引きましょう。目尻の三角のくぼみを埋めて、3mm前後のばすと◎。
 
 

今回はペンシルとリキッドの2本使いをご紹介しましたが、ジェルタイプの所でご紹介したBobbi Brownのアイライナー一つで完結させるのも良いですね。

二重さんは、あまりがっつりラインを引いてしまうと逆に目が小さく見える場合があります。
ご紹介した方法の《1.》だけ、もしくは《2.》だけでも、十分目を大きく見せられるので、お好みに合わせて試してみて。

◆ぴったりなアイライナーを見つけて

アイライナーにも様々な種類がありましたね。種類によって特徴がはっきりしているので、目のタイプや、引き方などに合わせて選んでみて。
ぴったりなアイライナーを見つけて、アイメイクを楽しみましょう!

⇒アイライナーを探す

 

参考記事
ワタシプラス
 

コスメ

この記事を読んだ方にオススメの記事

  • ホーム
  • アイライナーの種類まとめ♡オススメアイテムや目のタイプ別(一重、奥二重、二重)の引き方も!

PAGE TOP