カテゴリ

コーディネート

種類別♡オススメのアイシャドウ10選

TAGS

種類が意外と様々あるアイシャドウ。使っているアイシャドウはあなたに合っていますか?

初心者さんでも使いやすい定番のパウダーアイシャドウから、濡れ感を演出できるジェルタイプのアイシャドウまで。
オススメアイテムと一緒に、アイシャドウの種類をご紹介します♡
 

◆アイシャドウの選び方

アイシャドウ初挑戦の方は、基本のパウダーアイシャドウを選ぶのが◎。でも、パウダーアイシャドウの中でもいろんな種類があり、難しいですよね。
まずはカラーやテクスチャーの方向から、アイシャドウの選び方をご紹介します。

①パーソナルカラーで選んで

パーソナルカラーとは、肌、瞳、髪などの、その人が生まれ持った色に“似合う色”を診断する手法のこと。
イエローベースとブルーベースに分けられ、更にイエローベースの中でもスプリングとオータムに、ブルーベースの中でもサマーとウィンターに分けられます。

イエローベースの方にオススメのカラー
《無難なカラーは…》
ベージュ・ブロンズ・ゴールドなど。

《カラーアイシャドウに挑戦する場合は…》
オレンジ・マスタード・ターコイズ・オリーブグリーンなど。

ブルーベースの方にオススメのカラー
《無難なカラーは…》
チャコールグレー・ピンクベージュ・シルバーなど。

《カラーアイシャドウに挑戦する場合は…》
チェリーローズ・ラベンダー・ミントグリーン・ロイヤルブルーなど。

②イメージに合わせてテクスチャーをチョイス

マット、ラメ、パールなど、テクスチャーもいくつかの系統に分類されます。
アイシャドウは、テクスチャーによって仕上がりの印象が大きく変わります。なりたいイメージに合わせてテクスチャーを選びましょう。

ナチュラル・クールなイメージに仕上げたい!
マットなアイシャドウがオススメ。光沢や濡れ感がなく、落ち着いた印象に仕上がります。

ゴージャスなイメージに仕上げたい!
大き目のラメのアイシャドウがオススメ。華やかな印象に。

可愛らしいイメージに仕上げたい!
小さめのラメのアイシャドウがオススメ。

上品なイメージに仕上げたい!
サテンやパールのアイシャドウがオススメ。どちらも派手過ぎず、繊細で落ち着いたツヤを与えてくれます。

◆アイシャドウの種類

それでは、パウダーアイシャドウも含め、それぞれの種類の特徴とオススメアイテムをご紹介します。

①パウダー – 初心者さんにオススメ

その名の通り粉状のアイシャドウです。指先、チップ、ブラシなどにとって塗ります。
基本のアイシャドウで、塗り方も簡単で初心者さんにもオススメ。ふんわりさらっとしたつけ心地です。

単色のタイプや、グラデーションが作りやすい複数の色がセットになったパレットタイプがあります。

オススメアイテム

Jill Stuart(ジルスチュアート)
アイシャドウ リボン クチュール アイ – # 04 Gemmy Cashmere

初心者さんでも使いやすいカラーバリエーション。捨て色がないのでこれ1つで仕上がりバッチリ♡
細かい粒子でしっとりなめらかな塗り心地。柔らかい発色によってやさしい目元に仕上がります。ツヤ感もあるので上品さも◎。
 

Bobbi Brown(ボビイ ブラウン)
アイシャドウ ラックス アイ シャドー – # Heat Ray (Rich Metal)

ラメが上品で綺麗です。一見派手そうに見えますが、ラメが小粒なので派手になりすぎず、うるうるっと上品に見せてくれます。
がっつりワンカラーで塗ってもよし、他のアイシャドウと組み合わせて最後にアクセントとしてラメを散りばめるもよし。
気分に合わせて組み合わせるアイシャドウを変えるのも楽しいですね。

⇒パウダータイプのアイシャドウを探す
 

②リキッド – 乾燥肌さんにオススメ

液体状のアイシャドウ。リップグロスのような見た目で、付属のチップですくって塗るタイプです。ただ直接チップでまぶたに塗ると塗り過ぎてしまうことがあるので、指にのせて少しずつ塗るのが◎。
しっとりとしたつけ心地のため、「乾燥肌でパウダータイプではかさついてしまう」という方にオススメ!逆にオイリー肌の方にはあまり向きません。

色持ちも良いのが嬉しいポイント。
ツヤ感、透け感に長けていて、ナチュラルな印象に仕上がります。

オススメアイテム

RMK(アールエムケー)
# 05 Cinnamon Brown アイシャドウ W ウォーター アイ カラー インク –

マット系アイシャドウとパール系アイシャドウが1本に♡ウォーターベースなのでみずみずしく、まぶたへの密着度が高くてヨレにくいのが特徴。
パールタイプは粒子の細かいラメが特徴で、まばたきをする度に上品に光ります。
マットタイプは乾きが早いので、素早く馴染ませて好きな濃さに調整してグラデーションにするのが◎。

化粧ポーチの中でもかさばらないので、持ち運びや旅行にも最適!カラバリも豊富なので、気分に合わせて好きな色を選んでみて。
 

Yves Saint Laurent(イヴ サンローラン)
アイシャドウ フル マット シャドー – # 2 Impulsive Pink

ウォーターベースのみずみずしいリキッドアイシャドウ。
すっと伸びて心地よくまぶたにフィットするのでヨレ知らず!発色も良く、また密着度が高いのでつけたての状態が長持ちします♡

⇒リキッドタイプのアイシャドウを探す
 

③クリーム – 簡単・長持ち

クリーム状のアイシャドウ。パウダーとリキッドの間といった感じで、パウダーよりも保湿力があります。またリキッドより水分が少ないためヨレにくいです。
指でポンポンと塗るタイプで、簡単に使うことができます。

高密着で発色も◎。
クリームタイプを下地のように使ってパウダータイプのアイシャドウで仕上げると、乾燥を抑えつつ比較的長持ちしてオススメ。

オススメアイテム

GIVENCHY(ジバンシー)
# 01 Pink Quartz アイシャドウ オンブル インターダイト クリーム アイシャドウ –

汗、涙に強いアイシャドウなので、ヨレません。メイクしたての状態が24時間持続する無敵のアイシャドウ。
テクスチャーは柔らかく、クリーミーなのに軽いつけ心地。

ひと塗りでキレイに色づいてくれるので、重ね塗りすることなく思い通りの印象に仕上がります。
 

CHANEL(シャネル)
オンブル プルミエール ロングウェア クリーム アイシャドウ – # 802 Undertone (Satin)

驚くほどの肌への密着感!溶け込むように馴染むクリームアイシャドウです。
軽いつけ心地なのに発色はとても良く、ムラなく密着します。サテンの仕上がりで1日中輝きが持続します。

薄くのばして塗ればフェミニンな仕上がりになります。
目のキワにかけて色を濃くしていけば、ワンカラーでグラデーションも実現できます!
これ1つで色んな楽しみ方ができます♡

⇒クリームタイプのアイシャドウを探す
 

④ペンシル – 発色◎時短◎

クレヨンのようなニュアンスのペンシルタイプのアイシャドウ。スティックアイシャドウとも呼びます。
とにかく発色が良いのがポイント。アイラインのような感覚で、くっきりと引けます。

チップやブラシなどを使わずそのまま使えるのも嬉しいですね。さっと塗って指で少しぼかせばOK。

オススメアイテム

LANCOME(ランコム)
# 02 アイシャドウ オンブル イプノ スティロ -Sable Enchante

落ちない!ヨレない!にじまない!の3拍子が揃っているアイシャドウ。
朝、時間がないときでもサッとひと塗りするだけで完成。

二重線部分などにアイシャドウがたまる事もなく、つけたての状態をキープしてくれます。伸びもよく、初心者さんでも簡単に使いこなせちゃいます!
 

SISLEY(シスレー(レディス))
アイシャドウ フィト アイ ツイス – #15 Baby Pink

アイシャドウとアイライナーが1つになった便利アイテム。ウォータープルーフなのも嬉しいポイント。
化粧直しにも最適で、ペンシルタイプなので持ち運びも楽チン♡これ1本で解決しちゃいます。

⇒ペンシルタイプのアイシャドウを探す
 

⑤ジェル – The・塗れ感

ジェル状のアイシャドウ。クリームタイプと同じく、指でポンポンと塗ります。
濡れ感を演出するにはもってこいのアイテム。ぷるぷるのジェルでうるうるのまぶたを作れます。

ふわっとした触り心地で、伸びも良いです。
ただ、水分量が多いためヨレやすい部分も。ルーセントパウダーなどで仕上げると安心です。

オススメアイテム

GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)
アイシャドウ アイ トゥ キル ステラ バウンシー ハイ ピグメント アイ カラー # 6 Moonlight

発色抜群!指にとってスッとまぶたへ馴染ませれば完成。うるうるキラキラのまぶたに仕上がります。
カラバリが豊富なのも嬉しいポイント。シアータイプなら、透明度を調整して1色でもグラデーションに仕上げることができます。
 

ESTEE LAUDER(エスティ ローダー)
# 03 Brash Bronze アイシャドウ ピュア カラー エンヴィ シャドーペイント –

1日中キレイが続くジェルクリームアイシャドウ。軽くて伸びが良いテクスチャーで、繊細な光沢をもたらしてくれます。
塗り方を変えれば薄い色から濃い色まで、色の濃さを簡単にカスタマイズできちゃいます。

上品な仕上がりで大人っぽさを演出してみるのも◎。

⇒ジェルタイプのアイシャドウを探す
 

◆あなたにピッタリなアイシャドウを見つけて

アイシャドウにもいろんな種類がありましたね。気になるアイシャドウは見つかりましたか?

アイシャドウが苦手!初挑戦!といった方は、まずは無難な色から始めてみましょう。
慣れてきたら、ブラウン系やベージュ系をベースにして、ポイントでカラーアイシャドウを置いてみると、簡単にアレンジできて楽しめるはず。

肌のタイプや、目の形状、使い勝手に合った種類のアイシャドウを選んで、印象的な目元を手に入れましょう!

⇒アイシャドウを探す

 

参考記事
銀座のパーソナルカラーアナリスト・イメージコンサルタント養成スクール
 

まとめ コスメ

この記事を読んだ方にオススメの記事

  • ホーム
  • 種類別♡オススメのアイシャドウ10選

PAGE TOP