カテゴリから探す

価格から探す

カラーから探す

CONVERSE コンバース

CONVERSE

1908年にアメリカで創立されたシューズブランド、CONVERSE(コンバース)。当初はラバーシューズの製造会社として、冬場に活躍する靴をつくっていました。その後、通年販売できる商品の必要性を感じた創業者のマーキス・M・コンバースが、当時人気の高かったバスケットボールに着目。バスケットボールシューズの代名詞でもある「キャンバス オールスター」を完成させました。現在では「ジャックパーセル」、「ワンスター」、「ウエポン」等、数々のマスターピースをラインナップ。CONVERSE(コンバース)のコレクションは、今日も世界中のカジュアルユーザーに愛用されています。

もっと読む

『コンバースを選ぶことは、自分自身をデザインすること。コンバースと出会うことは、新たな自分を発見すること。』そんなコンセプトを元に、高品質で機能的かつ美しさも兼ね備えたシューズを提供し続けるCONVERSE(コンバース)。1908年にラバーシューズ製造会社としてアメリカで生まれ、1917年にバスケットボール専用シューズとして開発された「CANVAS ALL STAR(キャンバスオールスター)」で一躍有名になりました。その当時から2005年までのオールスターの累計販売数は8億足を超え、発表当初からほとんど変わらないスタイルを保つ世界の定番スニーカーとして、現在でも多くの人々から愛され続けています。

プロバスケットボールプレイヤーの8割以上に愛用されていたオールスターですが、スポーツシューズの素材や機能が進化していくにつれて、耐久性の高いレザー素材を求める声が高まってきました。コンバースはそれに応え、1974年、アッパーにレザーを使用した「One Star(ワンスター)」を開発。しかし、製法上の難しさと素材の手配を理由に、わずか2年間で製造は中止され、幻のバスケットボールシューズとなりました。その後、1984年にファンからの要望を受けてワンスターは復刻され、現在はファッションの世界で成功を収めています。

また、オールスターと並んで現在の定番モデルとなっている「JACK PURCELL(ジャックパーセル)」は、1935年にバドミントン兼テニスプレイヤーのジャック・パーセルが開発に参加して生まれたシューズです。ヒールラベルのデザインから"ヒゲ"の愛称を持ち、またトゥ部分のラインが微笑んでいる口元のように見えるために"スマイル"とも呼ばれ、多くの人々に親しまれています。その後、品質やデザインなどは発売当初と同じテイストを保ち、トレードマークのヒゲやスマイルも継承しつつ、2005年には片足約70g軽量化させたスタイリッシュなモデルへとリニューアルしました。

さらに、恐竜シリーズや車シリーズなどデザイン性に優れたキッズ商品も登場し、2006年から「FIRST★STAR(ファーストスター)」をテーマとした、ワクワク、ドキドキするような子ども向けのラインナップも充実。また、FLAPBOIS(フラボア)、marimekko(マリメッコ)といった人気ファッションブランドに加え、バットマンやジョジョの奇妙な冒険などのコミック作品、さらには、Emilio Pucci(エミリオ・プッチ)による客室乗務員の制服デザインで60年代に話題を呼んだブラニフ航空、有名セレクトショップや人気キャラクターなど、幅広いジャンルのビッグネームとのコラボレーションを積極的に行い、ファン層の拡大にも力を注いでいます。そして、2008年にはブランド生誕100周年を迎え「100周年記念モデル」を100アイテム発表し、新ライン「CONVERSE ADDICT(コンバースアディクト)」が誕生。変わらない魅力を保ちながら柔軟な進化を続け、ローテクスニーカー界の王座に君臨し続けています。

閉じる

ランキング

現在ランキング情報が取得できません。

商品数:300件
商品の並べ替え:
PAGE TOP